カミソリで脱毛する際の注意点

カミソリでムダ毛処理すると、必然的に毛が濃くなるのではないか…という不安がありますよね。

剃るたびに毛深くなるというのは、実を言えば誤りで、カミソリを使って先端ところを切り落としてしまう事で、断面の面積が増えるために毛が太く見えるだけなんです。

ただ、そもそも毛というのは、皮膚を外敵から守るために生えています。

だから、カミソリで脱毛するケースに、皮膚を傷つけてしまうと、体は「そのところをより守らなきゃ」と守備反応が働いて、より毛を濃くして、外敵からの守りを固めようとするんです。

一例を挙げれば、毛の流れとは逆方向にカミソリを当ててしまうと、肌へのダメージはより大きくなってしまいます。

加えて、ちゃんと剃ろうと、何度も何度も同じところにカミソリを当てて剃っていると、そのところばかり皮膚がダメージを受けてしまうんです。

そして、ボディークリームなどを使わずに、必要ない毛を剃ろうとすると、直接肌にカミソリが当たり、ダメージがより大きくなっちゃう…これでは、必要ない毛を剃っても、直ちにに加えて生えてくるばかりか、どんどん毛が濃くなってしまいますよね。

だから、カミソリで必要ない毛を処理するケースには、肌を可能な限り傷つけないように、清潔なカミソリで適切なテクニックで細心の注意をもってに行いましょう。

その上、脱毛後には必然的に肌は乾かすしやすくなるので、保湿クリームなどでちゃんと守ってあげるようにしましょう。

そうする事で、毛が濃くならずにカミソリ脱毛できますよ。

脱毛について考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です