安全面より価格を抑えた

清潔な女性
女子のジレンマと言えば、必要ない毛も問題です。

私はこの必要ない毛の事で心配がありました。

ピンセットなどで毛抜きをすると、肌が敏感なので血が出たり赤くなったりするのです。

敏感肌の私はこれが大変厄介でした。

必要ない毛を抜くと少しですが毛穴から血が出てくるのに困ったんですね。

その上脱毛を受ける気になったのです。

必要ない毛の処理では毎度このように血を見なくてはいけません。

それが嫌だったという事から脱毛を受けました。

ただ脱毛をするまでに少々悩んだ事があります。

それは脱毛を受ける位置です。

脱毛を受けるためには「脱毛サロン」というエステサロンと「脱毛クリニック」という病院が合ってどっちに行くかですごく迷いました。

どっちもどっちでいいところも悪いところもあるのです。

悩んでからやっとの事でどっちで脱毛をするかを選択してだのです。

私は安心面よりも安さを取って脱毛サロンを選択しました。

安心さをチョイスするなら確実にクリニックです。

私もはじめはコッチに惹かれていました。

でもお値段を見た時に経費に大きな異なる点があったんです。

脱毛サロンだったらすごく安いのに、クリニックではバカ高いコストがかかりました。

そのおかげで脱毛サロンを選択してだのです。

確か面よりも私は安さを取り、脱毛サロンにしました。

これをチョイスしてだ事が間違っていたとは全く考えません。

むしろこっちで良かったです。

脱毛が終了するまでに時は要りましたが、きっちり必要ない毛が抜けました。

安価に脱毛ができたので脱毛サロンを選択したのは間違いなかったと思っています。

正解だった顔脱毛

脱毛をした後の女性
私は昔から鼻の下の毛が濃く、小学生の頃には髭が生えているといってイジられていた事もあったので、何としてでも髭を脱毛したいと考えていました。

しかも、大学を卒業して働きスタート出来、お金にゆとりができた時に念願の顔脱毛に通おうと決心しました。

他にも、一番目は鼻の下だけにしようかとも思ったのですが、どうせするなら顔丸ごとをしてもらおうと考え、いっそのこと顔概要の脱毛をしてもらう事にしました。

顔脱毛というとヤケドをしたり、アザや色素沈着ができたら大変だという事ではじめは現実に安心なのかなとかなり懸念事項はしていたのですが、私の事例は特に何のトラブルもなく脱毛を進めていく事ができました。

ただし、顔に生えている毛は濃いといっても他の部位に比べれば薄い方に入るので、相当脱毛の成果を体感する事ができず、脱毛に通っている最中にイライラする事もありました。

その一方で、約二年半脱毛に通い続けた事で、全くという訳ではないのですが、私の顔からはそんなに毛が生えてこなくなりました。

そして、仮に生えてきたとしても、よく見ないと分からないくらい薄い毛が生えてくるだけなのでそれほど過敏に処理する必須もなく、あれだけ気になっていた鼻の下の毛でさえもそんなに気にならなくなりました。

他にも、何より顔総体が相当明るく見え、化粧ノリも良くなったので美容という面においても顔脱毛はかなり成果があったと考えます。

脱毛の影響を体感するまでにはかなりの時がかかりましたが、その一方で途中で放棄しずに最後まで通い続けて現実に良かったと思っています。